Process製材工程

Process製材工程

栗田製材では良質な福岡県産材を製材し、構造材から内装材、造作材などの建築材料を提供しております。
工程1つ1つに丹精、気持ちを込め、より良い製品になるようスタッフ一同注意を払い、製材しております。

Process flow原木から仕入した丸太を製品化するの流れ

  1. 弊社の土場

  2. 弊社のリングバーカ-(皮むき機械)で丸太の皮をむく。

  3. 1.ツインバンドソーで角材、間柱、板を製材する。

    2.台車で角材、間柱、板、特殊製品を製材する。

  4. 人工乾燥釜に入れ、7~8日間くらいを乾燥する。

  5. 乾燥釜から製品を出した後モルダーに製品をかける。

  6. モルダーをかけた後には段済み機械で選別する(良い製品と悪い製品を分ける)

  7. 製品完成。

    1.角材(土台、柱)

    2.間柱と板

製品紹介はこちらから